同僚から強く勧められたのが、PCMAXにJメールです。
どちらの出会い系サイトとも、老舗サイトとして有名。
高い安全性があるため、女の子たちがたくさん利用している。
相互オナニーを求める掲示板の投稿も多いから、相手を探しやすいと言われました。
両方とも同時に利用していけば、通話相手探しもより楽チンと彼は言い切りました。
オナニー鑑賞という目的を達成するため、PCMAXとJメールのアプリをスマホに設置しました。

 

 考えていたよりも、ずっと早く相手を見つけ出すことに成功しました。
オナ指示を希望するという椎奈ちゃんは24歳で、保育士をやっている女の子です。
Jメールで相手を募集していました。
メールを送ったところ、素早い返事も返ってきました。
「オナ指示が欲しくって・・・」
椎奈ちゃんの第一声でした。
「LINEのIDを教えようか?」
「はい」
「△△□○」
無事に保育士さんとLINEで繋がりました。

 

 トークからのスタート。
「椎奈は不満な気分なんだね」
「うん・・彼氏が全然できなくて・・・仕事のストレスも凄くて・・」
「椎奈のオマンコ、疼いているんだ」
「・・は、はい・・・」
「触ったら、汁出ちゃうんだな」
「恥ずかしい・・」
「パンツの上からクリ触って」
「うん・・」
彼女は素直に、オナニーを始めてくれたのです。
チャットオナニーで、椎奈ちゃんは随分と感じているようでした。
「お汁が、凄い・・やだっ、声でちゃう・・」
自分も興奮が高まっちゃって、女の子のあの声を聞きたい衝動に駆られてしまいました。
「レスポンスよくやりとりするため、通話にしよう」
「うん」
此処からは、椎奈ちゃんの声を聞くことになりました。
すでに艶やかさを湛えている保育士さんの声。
触らせて行くと、さらにその声が濃密になっていきました。
「チンチンもガチガチに勃起しちゃってるよ」
「とってもエッチ・・・ああん、はっはっはっ、いいっ」
通話に切り替えると、彼女の反応はより強さを増す感じ。
夢中になってオマンコを触り続けているのです。
「おもちゃ使ってもいいですか?」
「いいよ、何を持ってるの?」
「ローターです」
オモチャを使いだしてからは、さらに強めの感度で、声を出しまくってくれたのでした。オナ指示で彼女の心を乱していく。
ライブチャットでオナニーした、あの感覚が蘇りました。